HOME > 事例紹介

アームズコンサルティングによるリスク分析・保険設計の見直しによる企業の変化をご紹介します。

現状の問題点

既存の全保険証券を提示して貰い、それに適用された普通保険約款及び特約を精査したうえで、企業が抱えるリスクの回避策として有効とは言えない点を列記した。

コンサルティング実施

保険種目全般に関して、他の保険会社の約款・特質を説明し、現保険とのメリット・デメリットを解説する。

現状の問題点

全証券を回収したことによって、取扱保険種目の保管在庫を旧来型の火災保険のみで対応していることが判明した。

コンサルティング実施

卸売業のニーズからして、他の保険設計による方法のあることを解説する。

現状の問題点

保険会社の指示のままに、日本証券の中に海外現地法人を追加被保険者として列記していた。

コンサルティング実施

現地国の付保規制に抵触する旨の説明は一切なされていないことが判明し、現地にて保険手配する必要性を解説する。

現状の問題点

海外現地保険会社発行のPL英文証券を第一次保険とし、日本発行の海外PL英文証券をその第二次保険として、全世界を網羅したアンブレラ証券を付保しているが、その間の整合性に不連続があることが判明した。

コンサルティング実施

海外に付保されている全PL証券を回収したうえで、先ずはその証券の精査・分析を行う。そのうえで、グローバルな視点で保険設計の構築を提案した。

現状の問題点

親会社としてはその保険内容を把握しておらず、その内容に関して、一度も意見や指示を出したことも無い。

コンサルティング実施

第一段階として、全保険証券を回収したうえで、その内容を精査することになった。